もしもに備えたがん保険

このエントリーをはてなブックマークに追加
もしもに備えたがん保険

がんという病気

がん保険に加入するにも、がんという病気を知っておくことが重要です。
では、どのような病気になるのでしょうか?
まず、このサイトでも、少し触れましたが、がんは自己細胞が悪性化したものです。
正式には、悪性腫瘍と呼ばれ、通常の免疫では、対応できないようになります。
なぜなら、免疫は自己細胞を守るためのものであり、悪性しているとはいえ、自己細胞であることに変わりはないからです。
しかも、がんの厄介な点は、増殖を続け、決して死なないと言うことです。
自分が育った体が死を迎えると言っても、細胞自体が死なないというのは、非常に奇妙なものです。
しかも、種々の部位に発生し、一般手でも知られているような肺や胃ばかりではありません。
けれども、最近では、完治も可能となっています。
このため、早期発見が大事であり、各種健康保険でも検診などを受けられるようになっています。
ただし、完全解明には、到っていないため、どんながんでも、早期発見で完治できるとは限りません。
最新診断装置でも、見落としてしまう箇所もあり、症状が出た段階で手遅れ、というがんもあります。
また、がんは、増殖をし続ける悪性化した自己細胞であるため、転移や再発の可能性もあります。
これもまた、がんという病気のユニークなところであり、なおかつ、怖い点でもあるでしょう。



Copyright(c) 2017 もしもに備えたがん保険 All Rights Reserved.