もしもに備えたがん保険

このエントリーをはてなブックマークに追加
もしもに備えたがん保険

重要点のまとめ

まず、がんという病気は、再発を繰り返したり、あるいは、転移をする病気です。
自己細胞が悪性化したものであり、元々は自分の細胞の一部です。
それもまた、特異な性格を有している理由なのかもしれません。
こういう特徴から、がん保険では、給付金に制限が設けられていません。
つまり、再発をしたとしても、給付金が支払われるようになります。
これは、生命保険や損害保険とは、大きな違いでしょう。
しかし、給付金を設定するのは、契約時になります。
罹患する前であり、非常に難しい面があるでしょう。
したがって、色々な情報、あるいは、現状の収入面などを鑑みる必要があります。
給付金は、一日の給付金を入院日数分支給される形です。
契約時に決めておく金額は、一日の給付金額となります。
しかし、これは、入院保障に関する部分です。
これ以外の給付金の場合、割合が決まっています。
これもまた、きちんとチェックしておきましょう。
また、給付金が支払われるまで、猶予期間があります。
一般的には、3ヶ月であり、契約から3ヶ月後に、支給されるようになります。
当然、猶予期間は、免責事項となります。
この点も、注意が必要でしょう。
なお、がん保険でも、生命保険の役割があります。
がんによって、亡くなったとしても、保険金が下りるようになっています。



Copyright(c) 2017 もしもに備えたがん保険 All Rights Reserved.