もしもに備えたがん保険

このエントリーをはてなブックマークに追加
もしもに備えたがん保険

がん特約との違い

がんに関する保障としては、単体のがん保険や生命保険、医療保険のがん特約を付ける方法があります。
がん保険はがんに特化した保険で、がんに関する様々な保障があります。
これに対して、生命保険や医療保険のがん特約はあくまでもオプションの保障となります。
この事から、がん保険の方が決め細かい保障となっていると言えます。
例えば、がん保険では先進医療の治療を受ける事ができますが、がん特約では保障されない事もあります。
また、入院費用の給付金なども、がん保険の場合は、がんと診断された時点で給付されますが、がん特約では、一定期間入院して給付される等の違いがあります。
他にも、生命保険や医療保険のがん特約の場合、本体の保険が満期となった場合や解約するとがん特約も無くなると言う事です。
年齢が少なくときは、改めてがん保険に加入しても、さほど保険料は高ならないのですが、年齢が高くなってから、がん保険に加入しようと思っても、年齢制限で加入できなかったり、保険料が高額となる場合があります。
この様に、がん保険とがん特約には、それぞれに、良い点と悪い点があるので、がんに関する保障を得たいのであれば、慎重に考える事が大事となります。
ただ、がん家系の方は、がんになる確率が高いと言えるのでがん保険を選んだ方がよいかも知れません。



Copyright(c) 2017 もしもに備えたがん保険 All Rights Reserved.