もしもに備えたがん保険

このエントリーをはてなブックマークに追加
もしもに備えたがん保険

不必要な理由

生命保険や医療保険に加入している方の中には、別にがん保険に加入する必要は、無いと考えている方がいますが、なぜ不必要と考えるのか調べてみました。
不必要な理由としては、保険料と保障があります。
保険料に関しては、がん保険の場合、保険期間が長いので、長期間に渡って保険を支払い続ける必要があり、また、がんが発病するとは、限らないので勿体ないと考える方が多いようです。
また、医療保険や生命保険に加入しているので、その保障で十分と考える方も多いようです。
確かに、生命保険や医療保険には特約があり、がんに対しても保障するタイプの保険があり、この特約に加入する事も1つの方法と言えます。
保障に関しては、がん保険に加入しても、全ての費用が保障されるものでは無いと考え不必要と考えている事です。
ただ、がん保険と、生命保険や医療保険の保障内容が異なっています。
例えば、がんで入院した場合、一般の保険では、入院して定められた期間にならないと、給付金がでない場合がありますが、がん保険の場合、がんと診断された時点に給付金が支給されるので、入院費用を気にしないで入院する事ができます。
この様に、がん保険は治療費が高額となる事を想定した保険で、安心して治療に専念できるようになっています。



Copyright(c) 2017 もしもに備えたがん保険 All Rights Reserved.