もしもに備えたがん保険

このエントリーをはてなブックマークに追加
もしもに備えたがん保険

掛け捨てと貯蓄型

他の保険と同様で、がん保険を見てみると掛け捨てタイプの保険もあれば貯蓄型の保険もあります。
掛け捨て型とは、がんと診断され、入院や手術を受けることになって初めて給付金を受け取れます。
がん保険に加入している期間中、一切がんに罹患しなかった場合には保険料を支払っているだけで一切何も受け取れないということもあり得ます。
貯蓄型の保険とは、いわゆる積立型のがん保険と思ってください。
たとえば一定期間一切がんにかからなければ、ボーナスとして還付金がもらえる商品もあります。
またある程度の長期間加入し続けて、解約すると積み立ててきたお金の一部が解約返戻金という形で戻されます。
つまりがんにならなくても何らかの形でお金が手に入る可能性もあるわけです。
貯蓄型のがん保険の場合、お金を手に入れられるチャンスがより多いので保険料は高くなってしまいます。
掛け捨て型の場合、保険料は同じ保障内容であれば貯蓄型と比較して安く設定されています。
どちらにすべきかですが、皆さんの性格が大きく関係します。
もし自分でコツコツ貯蓄できる人であれば、掛け捨ての保険でもいいでしょう。
ただしもったら盛った分だけお金を使ってしまうという人なら、貯蓄型にして強制的に貯金できるがん保険に加入した方がいいでしょう。



Copyright(c) 2017 もしもに備えたがん保険 All Rights Reserved.