もしもに備えたがん保険

このエントリーをはてなブックマークに追加
もしもに備えたがん保険

入院・手術給付金の問題

がんと診断され、入院や手術による治療を受けたとします。
医療保険の一種であるがん保険に加入している場合、医療保険と一緒で入院・手術給付金の支給が受けられます。
がん保険の入院・手術給付金ですが、同じ保険会社から販売している商品でも給付額をいくつかコース分けをしています。
一般的に入院給付金は日額設定になっていて、安いものだと5000円程度、手厚い保障にすれば3万円くらいの保障額で加入できます。
いつから給付金を受け取れるかについては、入院1日目から受け取れるという商品が多いです。
ただしすべての保険がそうなっているわけではないので、念のため内容を確認しておいた方がいいでしょう。
ちなみに給付日数に関しては無制限としている所が多いです。
手術給付金は、入院給付金をベースにして設定される傾向があります。
入院給付金の日額の10倍か20倍、40倍といった感じで料金設定されています。
入院・手術給付金は両者が連動していると思ってください。
がん入院給付金は外すことのできない主契約になっているので、がん保険選びをする時にはまずこちらの給付金をいくらくらいにするかという所から決めていってください。
保険料のことも十分意識すべきです。



Copyright(c) 2017 もしもに備えたがん保険 All Rights Reserved.