もしもに備えたがん保険

このエントリーをはてなブックマークに追加
もしもに備えたがん保険

治療費はどのくらい?

不治の病という昔のイメージはだいぶ払拭されたものの、がんはまだ完ぺきに治療できる病気ではありません。
そのため、まだ進化の途中といえ、医療技術が進歩したことでどんどん新しい治療技術も確立されています。
がん治療が進んだ半面、行政がそこにまだ追いついていないという問題を抱えているのも事実です。
ですから先進医療と呼ばれる最先端の医療に関しては、保健が使えず全額自己負担にならざるを得ないという現実があります。
このため、先進医療を受けるためには、かなりのまとまったお金を準備する必要があるわけです。
たとえば、陽子線治療や重粒子線治療は先進医療としてがん治療の中では有名です。
ただしこの治療を受けるためには、技術費だけでも300万円程度もかかってしまいます。
普通に仕事をしている人が簡単にできる治療でないことがお分かりのはずです。
そこで、がん保険に加入する場合には、先進医療に対応した商品でないと意味がありません。
少し前に購入したがん保険であれば、先進医療がついていない可能性もあって、実際にがんにかかってもあまり役立たない商品となっている可能性もあります。
もし昔にがん保険に加入したのであれば、見直しを検討すべきです。



Copyright(c) 2017 もしもに備えたがん保険 All Rights Reserved.