もしもに備えたがん保険

このエントリーをはてなブックマークに追加
もしもに備えたがん保険

確認すべき事項とは

保険に加入する場合、何の問題もないことが条件となります。
たとえば、自動車保険であれば、自動車事故が起きてから加入するのではなく、自動車事故が起きる前に加入しておきます。
単純な話になりますが、何もない時に入るからこそ、もしもの備えになるのでしょう。
がん保険もまた、同様であり、がんに罹患する前に加入することになります。
しかし、その際、確認事項があり、書類形式で回答することになります。
通常、アンケート方式であり、はい、いいえなどを選択していきます。
仮に不備などがあれば、がん保険に加入できないようになります。
また、確認事項とともに、健康診断書も添付します。
がん保険加入時に用意する必要があるでしょう。
仮に確認事項などで、事実と異なることがあれば、免責事項が適用されます。
免責とは、給付金を支払えない条件でもあり、事実と異なるとは、ウソでもあり、虚偽に当たります。
したがって、あまりにも、程度がひどければ、法律にも引っかかる可能性があります。
また、免責事項は、確認事項ばかりに適用されるのではありません。
たとえば、保険料の未払いが続けば、保障対象外となります。
なお、確認事項と健康診断書は、生命保険でも利用されています。
仮に健康優良体であれば、保険料が割り引かれることもあります。
がん保険でも、こういう商品が販売されています。



Copyright(c) 2017 もしもに備えたがん保険 All Rights Reserved.