もしもに備えたがん保険

このエントリーをはてなブックマークに追加
もしもに備えたがん保険

通院給付金の条件を確認する

ずっと入院するのではなく、がん治療をしている人の中には定期的に通院して、放射線治療や化学療法を受けている人もたくさんいます。
そこでがん保険の中には、通院している患者のために通院給付金を保障している商品も多いです。
しかしこの通院給付金をチェックするときに、どのような条件のもとで支払いが行われるのかを確認した方が良いです。
がん保険によって支払いの条件が若干変わっている可能性があるので注意する必要があります。
現在のところ多い条件が、がんと診断されて一定期間入院して、退院した後にがんの治療を目的として通院した人を対象に支払いを行うというものです。
またがん保険の中には、入院する前に通院治療をした場合でも通院給付金の支払い対象としている商品もあります。
がんといわれると入院して手術などの治療を受けるイメージのある人もいるでしょう。
しかし中には、一度も入院することなく抗がん剤や放射線治療で治している患者もいます。
もし入院せずに通院しながらずっと治療している人であれば、上で紹介した通院給付金の支払い条件では、がんの治療のために通院しているのに通院給付金が受け取れなくなってしまいます。
支払い条件がどのようになっているかも確認すべきです。



Copyright(c) 2017 もしもに備えたがん保険 All Rights Reserved.