もしもに備えたがん保険

このエントリーをはてなブックマークに追加
もしもに備えたがん保険

上皮内がんの取り扱い

がんにはいろいろな種類があって、いわゆる私たちががんとして認識しているような悪性新生物と上皮内がんという種類があります。
実はがん保険の中には、悪性新生物と上皮内がんの取り扱いを分けている商品も少なくありません。
がん保険はがんと診断された時点で、診断給付金が支払われます。
この診断給付金を悪性新生物と上皮内がんの間で区別している商品があるのです。
上皮内がんの方が病状は深刻ではないことが多いので、診断給付金が減額されてしまいます。
がん保険は自分が実際にがんにかかった時のための安心を買うという意味合いがあります。
いつ自分ががんにかかるのか、そしてどのような種類のがんにかかるのかについては、自分で予測することは不可能です。
上皮内がんに関しても治療をする必要がありますし、しばらく仕事から離れて治療に専念する必要があるかもしれません。
そのようにして考えてみると、悪性新生物でも上皮内がんでも診断給付金が同等に支払われる商品かどうかを確認すべきです。
多少保険料が高くなったとしても、上皮内がんでも減額されることなく満額の診断給付金が下りるかどうかを確認してください。
見落としやすいポイントなので、がん保険選びをする時には注意が必要です。



Copyright(c) 2017 もしもに備えたがん保険 All Rights Reserved.