もしもに備えたがん保険

このエントリーをはてなブックマークに追加
もしもに備えたがん保険

医療保険がダメでもOK?

現在販売されている医療保険を見てみると、加入するためのハードルを厳しく設定している商品が多いです。
例えば持病のある人はもちろんのこと、過去に大きな病気を患ったことのある人は加入できないとか、保障の範囲が制限されてしまう、割高な保険料を負担しないといけなくなるなどのデメリットがあります。
しかしがん保険は医療保険と比較すると加入するためのハードルが低く設定されている傾向があります。
医療保険の場合、病気全般に関する保障ですが、がん保険の場合文字通りがんに特化した保険です。
このため、ガンにかかるリスクが高いかどうかと言う所をポイントにして加入の可否を判断します。
ですから、医療保険は加入することができなかったとしてもがん保険であれば加入できるような人も多いです。
もし持病があって、今後のためにがん保険に加入したい、でも加入できないかもしれないと躊躇している人は申し込みするだけしてみる価値はあります。
また医療保険は病気全般の保障をしているので、どうしても保険料が高く設定されてしまいます。
しかしがん保険は病気の中でもがんに特化して保障しているので、医療保険と比較すると似たような条件でも保険料が安く設定されている所も魅力といえます。



Copyright(c) 2017 もしもに備えたがん保険 All Rights Reserved.