もしもに備えたがん保険

このエントリーをはてなブックマークに追加
もしもに備えたがん保険

がん保険の特徴とは

よくがん保険と一般的な医療保険とどこがどう違うのかという質問をする人がいます。
病気になった場合の保障をする商品という所では両者は共通していて、がん保険はがんに特化した商品です。
もちろん医療保険でもがんと診断され治療することになれば、給付金を受け取ることはできます。
しかしがん保険の方が、より手厚く保障をしてくれる所が違いです。
例えば医療保険の場合、入院や手術をすると給付金がおります。
しかしがん保険の場合、診断給付金といってがんと診断された時点で給付金を受け取ることができます。
また医療保険の場合入院給付金が支払われますが、最大給付日数に制限があります。
しかしがん保険の場合、入院日数に制限のついていない商品が多いので、治療が長期化した場合でも安心です。
医療保険の場合には入院給付金や手術給付金は、退院後や手術をした後に初めて支払われます。
がん保険は診断給付金がありますので、自分たちであらかじめ治療費などを準備する必要がありません。
このようにガンにかかった時にがん保険の方がしっかりとしたケアを受けられます。
日本人の3人に1人ががんで死亡している現実を考えると、がん保険に加入するのも選択肢として視野に入れるべきではないでしょうか?

注目のキーワード



Copyright(c) 2017 もしもに備えたがん保険 All Rights Reserved.