もしもに備えたがん保険

このエントリーをはてなブックマークに追加
もしもに備えたがん保険

がんの治療とは

現在日本人の約半数は何らかのがんにかかると言われています。
遺伝によるものもありますが、一方で生活習慣によってり患リスクを高めるような種類のがんがあります。
もし自分ががんにかかった時のための準備をしておくことは、決して意味のないことではないはずです。
ところでがんにかかって治療することになった場合、どのような費用が掛かるのでしょうか?
大きく3つあって、治療費や検査費と2つ目に入院にかかる費用、そして最後に通院をする時の治療費が考えられます。
基本的に治療費に関しては健康保険がききますので、自己負担は3割です。
しかしたとえば先進医療を使って治療する場合には、全額自己負担になります。
その他にも差額ベッド代や入院している時の日用品にかかるコストなども保険の対象ではありません。
また通常がん治療をする場合には、いったん仕事から離れて治療に専念することが多いです。
ということは収入が激減する、自営業者やフリーランスの方は収入がゼロになってしまう恐れもあります。
このような費用をどう賄うかということを考えていかないといけません。
その時のために、がん保険という商品を各保険会社は販売しているわけです。
文字通り、ガンになった時に手厚くケアしてくれる保険です。



Copyright(c) 2017 もしもに備えたがん保険 All Rights Reserved.