もしもに備えたがん保険

このエントリーをはてなブックマークに追加
もしもに備えたがん保険

医療保険の一つ

保険と言えば、生命保険と損害保険という時代が続きました。
どちらも、専門会社のようにそれぞれの商品を販売していました。
けれども、これでは、利便性などの点から不都合ということで、1990年代後半に保険業法が改正され、生命保険会社が損害保険を販売できるようになり、その逆も当然認められるようになりました。
その際、新しい保険分野も誕生しました、それが第三分野保険であり、生命保険と損害保険の中間のような性格を有しています。
つまり、他人から損害を受けた訳ではないが、生命や生活に重大な影響を及ぼすものを保障するという保険です。
その代表的なものが、医療保険です。
入院保障をベースとし、公的健康保険ではカバーしていないものを対象としてます。
また、医療であるからには、個々の病気でも保障する必要があり、がん保険が、まさに医療保険の一種です。
がんという病気は、大病でもあり、解明された部分が多くなっていますが、まだまだ死と直結するイメージがあります。
このため、家族がいれば、自信が罹患した時、生活資金に大きな支障を及ぼす可能性があります。
もちろん、入院費などもあるため、家族がいない人でも、それなりのお金が必要となります。
このように、がん保険は、医療保険であり、重なる部分も多くなっています。
しかし、がんに特定しているため、すべてのがんが保障対象でもあります。



Copyright(c) 2017 もしもに備えたがん保険 All Rights Reserved.